溶着式液面計 Jシリーズ

TOP  >  商品紹介  >  溶着式液面計 Jシリーズ

溶着式液面計 Jシリーズ

溶着式液面計 J型 シリーズ

低圧タンク等に直接溶接して液面を監視するタイプの液面計です。標準品のJ-3型は、液面計・水面計と同様の硬質強化硝子を使用。可視幅や可視長さを自由に設定できるシリーズもあります。

溶着式液面計の特長

J-3(標準タイプ)覗き窓J-Oシリーズ

溶着式の紹介

タンクに直接溶接するタイプでシンプルな構造になっています。ゲージグラスは反射式・透視式の標準シリーズから任意の大きさで設計できるフリー設計があり、タンク内の様子が確認できます。また、ゲージグラスはすべて強化処理を施していますので安心です。


  • 溶着式液面計の見え方ゲージグラスの見え方

    ゲージグラスは、小判型・丸形・ワイパー付丸形等があり、用途に応じて設計できます。タンク内部の反応や液位・タンク内部の明かり取りとして使用します。

溶着式液面計 J-3(標準タイプ)

溶着式の汎用型で硬質強化ガラスを使用した短納期に対応した液面計です。

材  質 : 炭素鋼、ステンレス鋼、PVC、P.P

J-3基本図

J-3基本図J-3基本サイズ表


使用ガラス

使用ガラス標準品のガラスは、V溝の入った反射式と透明なガラスの透視式があります。

J-3(標準タイプ)

可視幅を25~150mm等自由に設定でき、可視長さも最高600mmまで設定が可能です。
外形も長方形や小判型等に設計できます。

  • J-SR(小判タイプ)

    J-SR(小判タイプ)

    小判タイプにする事で、溶接応力を最小限に抑える構造になっており、自由設計可能です。

  • J-ST(角タイプ)

    J-ST(角タイプ)

    可視幅・長さを自由設計できる基本タイプです。

耐蝕性に優れたPFAフィルムやマイカプレート等があり、ガラス保護用として保護カバーや保護網もご用意しております。また、本体を溶接しやすくするために本体底部にR加工等を施すことも可能です。

溶着式液面計オプション


溶着式液面計 J-O型 シリーズ

溶着式液面計と同様に低圧タンク等に直接溶接して使用する覗き窓です。
内容物の確認やタンク内部の明かり取り用として使用します。

J-O(標準タイプ)

可視径を自由設計できる基本タイプです。

使用温度 : 0~150℃
材  質 :炭素鋼・ステンレス鋼
使用圧力 : -0.1~1.0MPa
可 視 径 :ø50~600

J-O(標準タイプ)


J-O-ST(ノズルタイプ)

配管ノズルが付いたタイプなので、溶接歪が小さく取付けできます。

J-O-ST(ノズルタイプ)


J-CW(クリーナー付タイプ)

J-O型にワイパーを取付けたタイプで、結露やガラス表面の汚れ等を取り除くことができます。

使用温度 : 0~150℃
材  質 :炭素鋼・ステンレス鋼
使用圧力 : -0.1~1.0MPa
可 視 径 : ø50~600
ワイパーブレード : テフロン・ネオプレン・バイトン・
  シリコン 等
  • J−CW(クリーナー付タイプ)
  • J−CW(クリーナー付タイプ)装着時
J−CW(クリーナー付タイプ) J−CW(クリーナー付タイプ)装着時

日本計器(株)へのお問い合わせはこちら

電話番号072-977-5431
FAX:072-977-1388

日本計器株式会社
〒582-0027 大阪府柏原市円明町1000番144

メールでのお問い合わせはこちら

液面計の選び方